×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小説物語

小説物語は世にも奇妙な物語のような小説を書きたい。内容は不思議系です。ホラーかな?
星新一、筒井康隆、「世にも奇妙な物語」っぽい小説について。テレビで言えば「世にも奇妙な物語」のような、
お笑いで言うとモンティ・パイソンやダウンタウンのコントのような、
SF小説物語のようなお笑い小説物語のようなよくわからないものを主に書いているのですが、
こういう作品は、奥が深いんです。
しかもショートショートでの小説物語です。
ショートショートは、1920年代中頃にアメリカの雑誌『コスモポリタン』で考え出された形式である。コスモポリタン誌は、上質紙のカラーページが雑誌前半にあり、ここに小説の冒頭を載せ、小説の途中で「○○ページにつづく」として雑誌後半へ誘導していた。読者は途中で読むのを中断される上に紙質の悪いページに移動しなければならないので、あまり好ましい掲載方法ではなかったんです。。サマセット・モームに執筆を依頼し短い作品を連載したところ評判になった。その他の雑誌、新聞もこれを真似するようになり、短編より短い小説物語がが広まったのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

月に関する 小説 物語

月に関する小説物語は三月。『三月は深き紅の淵を』は四章構成からなる小説である。 『三月は深き紅の淵を』という小説に関する物語であることのみが共通しているのですがが、各章は相互に関連性があまりなく、ミステリー、紀行小説、学園小説、小説の構想、とジャンルも形式も多彩である。
月に関する小説物語は、
本作の四章とは『第一章 待っている人々』『第二章 出雲夜想曲』『第三章 虹と雲と鳥と』『第四章 回転木馬』である。
第四章『回転木馬』で断片的に書かれるストーリーには水野理瀬、憂理など、本作の後に書かれた恩田陸の長編小説『麦の海に沈む果実』と同名の登場人物が数多く登場し、理瀬の入学、碁石のゲーム、薔薇園の事件など似たような場面も多く書かれている。なお、作中小説の『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』にも、同作の登場人物である聖や黎二などが登場する。
これに対して、作中に登場する架空の小説『三月は深き紅の淵を』は『第一章 黒と茶の幻想』『第二章 冬の湖』『第三章 アイネ・クライネ・ナハトムジーク』『第四章 鳩笛』の四章からなります。

小説 物語 オススメ

小説物語 オススメ 戦争をテーマにした壮大な物語でオススメ。タイトルどおり、戦争をテーマにした小説(またはドキュメンタリー)で、壮大な物語、そしてもちろん完成度の高い作品をオススメしてください。
いままでに読んだ作品で当てはまると思われるものは
「坂の上の雲」
「誰がために鐘は鳴る」
「大戦勃発」
「虚構船団」
それに初代ガンダムとかがオススメ。
佐々木譲さんの太平洋戦争3部作小説『ベルリン飛行指令』物語、『エトロフ発緊急電』物語、『ストックホルムの密使』物語をオススメします。(絶版の小説もありますが、古本屋で購入可能です。図書館にもあるはずです。)
 特に小説『ベルリン・・・』物語は「虚構」として描いたのに、「史実」のように読まれている部分があったそうです。「坂の上の雲」をお読みであるのなら、吉村昭の「海の史劇」と「ポーツマスの旗」も読んで
みてはいかがでしょうか。この2冊も日露戦争を題材にしたものですが、前者は日本海
海戦のバルチック艦隊と連合艦隊、後者はポーツマス講和会議の小村寿太郎外相を主に
据えた記録文学がオススメ。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 小説物語